綺麗な暮らしは住まいの中から|片付けの重要性

ゴミは片付ける

ゴミ屋敷の問題について

最近になって問題になっているものの一つとしてゴミ屋敷があって、これは自宅、敷地内にとにかくモノを収集する、そしてそのままにしておくために、場合によっては周囲に悪臭が広がり、見た目や環境的にも悪くなってしまうのです。さらには集められたモノが崩れて事故が起きる可能性もあるので、近所の住人としてはゴミ屋敷は何とかしたいものになるのです。しかしながら個人の自宅である場合、敷地内に勝手に入って片付けをすることは不法侵入になって、法律的に行うことができないのです。それゆえ、ゴミ屋敷の片付け問題は昨今かなりのトラブルのもとになっていて、法律の改正や措置が求められているのですが、現段階においてはまだ未定の状態なのです。

代行や行政の力を借りる

しかしゴミ屋敷の住人もなかには片付けたいと思っている方もいるのですが、集めに集めた場合、もう自分ではどうすることもできなくなってしまうのです。特に老人の場合、肉体的にも衰えてきているわけで、大量のモノの片付けは自力で行うには無理があるのです。そういった場合には代行業者や行政の力を借りる必要があり、業者の場合は金銭が発生しますので難しいかもしれませんが、行政は粗大ごみの処分代くらいで、労働力に料金は発生しませんので頼みやすいかもしれないです。 人は老いてくるとモノをため込む習性をもつこともあり、ゴミ屋敷問題は決して対岸の火事ではなく、自分の身に起こるかもしれないのです。そのために対処法はしっかりとしておくべきなのです。

Copyright© 2015 綺麗な暮らしは住まいの中から|片付けの重要性 All Rights Reserved.